トップページ > ニキビ跡に保水が必要な理由

ニキビ跡に保水が必要な理由

ニキビ跡に保水が必要な理由

ニキビ跡は赤くなったり黒いシミになったりするので、目だってしまう厄介もの。こういったニキビ跡には保湿が大事だという話がありますが、あまり保湿の意味をわかっていない人も多いと言われています。ニキビ跡に保湿が必要だというのは、肌のバリア機能を修復して刺激から守ることで、ニキビの再発を防ぎ、回復を助けるために保湿をするべきだということです。

 

保湿のためには化粧水や乳液などが使われますが、保湿はいわゆる保水と乾燥対策に分かれています。保水は化粧水などで行われますが、要するに細胞がしっかりと水分を含むようにしてあげることです。そして乾燥対策というのは、乳液やクリームによっておこなわれるものですが、肌に閉じ込めた水分が肌表面から逃げてしまわないようにフタをすることです。

 

ニキビ跡ケアのための保湿ではバリア機能の維持が特に重要で、そのためには水分だけではなく油分が重要になります。バリア機能が弱まってしまうと、肌は何とか自分を守ろうと角質を厚く作ろうと、垢になるはずの角質を排出せずに残してしまうので、それによって炎症が悪化したり色素沈着が進んだりしてしまうのです。

 

また、古い角質はバリアが弱っているためにニキビや肌あれが置きやすくなります。しっかりバリアを高めることによって正常なターンオーバーを導くことが必要なのです。ニキビケア用の化粧水などは、保水をするだけではなく、肌の炎症を抑えたりメラニン色素の分解を助ける効果のある成分が含まれていて、それを肌が直接取り込めますから、ニキビ跡のケアだけでなく赤みなどの改善にも効果を発揮してくれるでしょう。